2009年02月26日


先言っときます。
今回のネタはメシ時には読まないこと。
じゃ、いきます。


いきなりだけどカミングアウト。

俺さ、小学校あがる前までさ、


『おねしょ』の常習者だった。
チュー
はい、そこ引かない!

もうさ、親が泣きたくなるような、2日に1回とかいうペースでやらかしてました。本当に。泣く

でさ、いい加減、小学校に上がる前までにおねしょを卒業させたかった俺の両親は、祖父(上原農園15代目)に相談しました。
「何とかならない?」と。


そしたら、15代目は

「コレ食えば治る」っていってある物を俺に食べさせました。料理

それは




カミキリムシの幼虫キラキラ


はい、そこちゃんとついてきて!!

このカミキリムシの幼虫、祖父的には『漢方薬』って感覚らしい。

うちさ、俺が小さい頃は風呂もストーブも薪で焚いていたから、薪がたくさんあったのね。

で、薪割りしてるとさ、体長3cmぐらいの長細い黄色ぽい幼虫が出てくるんだ。
その幼虫が『カミキリムシの幼虫』(と祖父は言っていた。)なんだ。

で、その幼虫をどうやって食べるかというと、火にあぶって調理(?)すんだけど、

その幼虫をね、火のついたダルマストーブの上に置くとね、


ニョーンって伸びるの。


なんだろ、幼虫ってさ、身体をバネみたいに伸縮させて移動するじゃん。
あの伸縮する部分が伸びて、3cmぐらいの幼虫が6cmくらいの長さになるんだ

で、ちょと焦げ目のついたこんがり焼けたその幼虫を、YOU喰っちゃいなよ!って勢いで喰わされた料理


普通の人ならギャーって感じだけど、実はこれ、結構美味い。

他の食べ物に例えると、


細いポッキーの食感で、味がちょい苦いスコーンって感じ。


『漢方薬』っていうより、お菓子に近いかな。

俺はこの味にハマってしまい、それから祖父が薪割りしている横で、鳥のようにじーっと幼虫探ししてた。宇宙人

食べるためにな。キラキラ


その後、カミキリムシの幼虫が効いたかどうかわからないが、おねしょの回数が減っていき、小学校上がる前までに、おねしょを克服。

ただ、このことがきっかけで、


ゲテモノ系でも結構いけるようになってしまった。チュー


だから、俺はアブラムシとかも躊躇なくたべれるというわけ。

…15代目に食べさせられた「普通じゃ喰わないもの」ネタのは、まだ他にもあるが、今回はこの辺で。

最後に「カミキリムシの幼虫」がおねしょに効くのは医学的には証明されていないので、くれぐれも真似をしないようにしてくださいねウインク

さーて、今日も元気に行きますか!!


at 06:36│コメント(2)本日の一品 │

この記事へのコメント

1. Posted by ゆたかマン   2009年02月26日 19:31
うおぉー\(◎o◎)/!待ってましたぁっ!そのネタぁっ! 15代目様がいにしえから伝わる秘薬をA-GYOさんに食べさせたんですね…
15代目さんもすごいけど それを平気で食べれてしまうあなたもツワモノです!
あのー…その秘薬は今でも食べてるの?
そして…これからA-GYOさんの子孫は受け継ぐんでしょーか?
2. Posted by A-GYO   2009年02月27日 06:11
>ゆたかマン様
戦争を体験している世代は、ゲテモノに対しては「強い」と思います(笑)
ちなみに、うちはもう薪で火を焚くことはないので、この秘薬は食べれません。
それに例え子供達に食べさせようとしても、うちの鬼嫁がそれを許すことはないでしょう(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字