2011年03月26日

知り合いの農家さん(しづはら農園さん)のブログ見てたら、非常に良いサイトを知る。

とりあえず風評被害を助長されてる方に冷静になってもらいたいので、私のブログでも紹介。

この方のブログを読んでみてください。

高松聡氏のブログ記事 
「福島原発で起きていること」

それと山下俊一氏と高村昇氏の対談
「放射線と私たちの健康との関係」講演会(前半)


これらを読んどけば、農産物などの風評に踊らされないですむかなと。俺もこれよんで色んな意味でホッとした。

消費者の方々、今スーパーで並んでいる野菜達は大丈夫なんで、冷静に対応して、いつも通り『値段』と『価格に見合った品質』で購入するかを決めていただきたい。お願いします。


何にしても、政府には早期の『暫定』基準値を見なおしてもらい、科学的根拠がある『確定基準値』を出してもらいたい。

そして、その『確定基準値』に基づいて、早期の出荷停止処置解除を公式に発表していただきたい。


風評被害ってのは『大丈夫』って宣言がされてから数か月で消えますから。


政府関係者各位、そこんとこよろしく。ちなみに、お得意のパフォーマンスも期待してますからね(笑)

もちろんこれらは、風評の原因になってる東電の原発の対処作業に一区切りついてからの話。


だから、風評被害解決に向けて、俺は声を大にして言いたい。

『原発で懸命に作業にあたってる方々、頑張れーー!!!!』

そして今まさに風評被害を受けている農家の方々へ

『気持ちを切り替え種を播け!!道は拓ける!コツコツコツコツ農業続けましょう!』

さて、俺も自分のできることをガンバロ~♪


A-GYO(エイギョウ)agyonoudennki at 07:50│コメント(2)トラックバック(0)つぶやき | 物申す!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by koko   2011年03月27日 14:18
世間が風評に踊らされ始めてから、物流が回復したウチの地域。
国産野菜が消えたスーパーは外国の食材が大半になり、
今までは店員が必要なかった国際食コーナーが混雑してます。

和食中心の生活だった人達が体調を崩した話を聞くと、
本末転倒な気がして来る今日この頃…
近県農家の存在の大きさをメッチャ感じます
2. Posted by A-GYO   2011年03月28日 06:20
>koko様

コメントありがとうございます!
…うーん、風評ってのは広まるときは一気に広がるものですからね…(汗)
まあ、スーパーも風評に踊らされたお客さんに「〇〇県産の野菜は危ないのに、なんで店頭に置いてるんだ!」と出荷規制されてない野菜までにクレームをつけられるらしい。なので、一時的には外国産に切り替えることをしないとクレーム対処に時間を割かれて過ぎて仕事になんないのでしょう。(汗)
まあ、それはそれでスーパーとしてどうなんだって話ですが…

まあ、そういう小売業でも、風評がある程度収まったとき、正しい知識を広めながら、ドンドン売ってもらいましょう!

>和食中心の生活だった人達が体調を崩した話を聞くと、本末転倒な気がして来る今日この頃…

結局は風評に踊らされたら、痛い目に遭うのは自分だと言うことですね。冷静な対応が人々には必要です。私も一農家として頑張ろうと思います!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字