2011年04月17日

昨日はネギを植える予定の畑をトラクターでうなって(耕運)してたらさ、すげえ強風がずーっと吹いてやがりまして。

なんかね、砂ほこりがすごくてさ、「何、砂嵐?」的な勢いでね、顔面に土がパチパチあたってきたわけです。

俺も負けるかー!って風上に向かってトラクターを走らせてたんだけどさ、もうね、目がえらいことになってしまいましてね。

トラクターから降りたとき、軽トラのルームミラーで目を見たらさ、なんか目頭のところに涙を吸って黒くなった土がてんこ盛りになっててさ。

こりゃいけねえと思って、首に巻いてたタオルで目頭にたまっている土を拭き取ろうしたら、首に巻いてたタオルまで土まみれになってて、使用不可。

軽トラのダッシュボードをガサゴソ探しようやくティッシュを発見するも、それも埃まみれでして。(汗)


んで、俺は考えたわけさ、拭くものがないこの場合、どうしたらこの土がとれるかなと。

で、俺のだした答えは、


よし、涙を流して洗い流そう!


まあ、そういうわけで、泣こうと思ったけど、当然ながら、意図的に涙を出すのはなかなか難しいもので、わざと大口開けてあくびを誘ってみたけど出るのは微々たる涙だし、

過去の哀しい想いでを思い出しても、泣くに泣けない思い出ばかりなので、気分が落ち込むだけで一向に涙が出てこない。

そこで、俺は考えた。

そうだ!こういう時こそ音楽の力を信じるんだ!!

そう、俺は音楽聞いて泣ける奴なんです。
特に歌詞がグッとくるのに弱くてさ。

で、昨日は携帯からユーチューブにアクセスしてこの曲をセレクト↓




高野健一の「さくら」


もうね、この曲だけは、本当ね、泣いちゃうんです、俺。
特に2分55秒辺りからの歌詞に「号泣スイッチ」入ります。

歌の中の「さくら」は犬の名前なんだけどさ、この「さくら」を自分の子供とかに照らし合わせて想像しちゃうとさ、本当、もうね、涙が溢れて溢れて大洪水になるわけ。

おかげで俺の目頭を土砂のように埋めつくしてくれてた憎き土埃も、大量の涙によって土石流がごとく流れだしてくれました。

その姿をルームミラーで見たら、なんか俺、黒い涙流してるようで思わず吹き出してしまった。号泣してるのに吹き出す。

ああ、これで明日のブログネタは決まったなとか思いつつ、帰路についた次第でございます(笑)

ちなみに、この高野健一の「さくら」、すごくいい曲だけどカラオケでは封印中。

だって、歌ってる途中で号泣スイッチが入って泣いてしまうから。(照)


A-GYO(エイギョウ)agyonoudennki at 06:50│コメント(0)トラックバック(0)畑での出来事 | 音楽

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字