2011年06月20日

今日の『A-GYO農伝記』は、こちらの福島原発近郊のある農家のブログ記事を読んでください。


農家に婿入りした男のブログZ


これが福島原発付近のいち農家の現状です。


このブログを初めて読んだ時、彼と同じ農業に携わる者である俺は、言いようのない怒りと悲しみの感情が入り混じった涙が出ました。

少し時間をおいて読みなおしたけど、やっぱり心が螺旋のようにねじられ、絞られるような気持ちになります。


色々なモノに、

言いたいことは、

山程あるけど、


もしも、ただ一つしか言葉を言えないのであれば、


俺はこの言葉を叫びたい。





原発いらねーよ。



…日本には50基を超える原発があります。

そして、そこには当然、『原発事故』というリスクがついてまわります。
農家として、このリスクの大きさを、改めて感じずにはいられない。



A-GYO(エイギョウ)agyonoudennki at 06:37│コメント(2)トラックバック(0)物申す! | 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りっつ   2011年06月21日 00:07
私も読みました・・・
同じ農業をするものとして、言葉がありません。

自分が食べたくないもの、嫁に食べさせたくないものは作れない。
この言葉ががつーーんときました。
だって農家はこれが基本じゃないですか。
自分が食べておいしいと思うもの。家族に安心して食べさせたいもの。それを作りたいって。

目に見えない最大の凶器です・・・
どうか一日も平穏な日が戻ってきますように・・・
2. Posted by A-GYO   2011年06月22日 06:41
>りっつ様

コメントありがとうございます!

彼は農業者としてだけでなく、人としても素晴らし人だと思います。

原発がある限り「明日は我が身」という状況は無くならない。
今の日本で農業する上で考えなければならないことだと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字