2012年06月04日

6月に入りブログ更新が滞りがち(汗)
ブログ更新を朝から夜にすると、まあ、睡魔に負けて朝までグッスリってパターン。ちなみにうちの消灯時間は21時なんだけどねw

さて、本題。
最近消防団で夜警をすることになってさ。
原因は変質者。まあどういう変質者かは想像にお任せしますが、被害件数が30件を超えてるとの話なんで、地域を守る消防団としては夜警をしなくちゃならんわけです、はい。

で、今日のネタはその夜警中に起こったことを。


先日の午後22時。消防車で地域をぐるっと一回り夜警して、車庫(詰所)に戻ってきたら、目の前の駐車場で、スクーターに乗った若いヤンキー数人が溜まってた。

まあ、正直、詰所の前でヤンキー君達に溜まられてんのは邪魔だったし、こんな時間に未成年がウロウロしてるのはあんまり褒められたもんじゃないでしょ?だから、俺は他の団員と共に彼らに声をかけた。

仲間の団員「おーい、そこで何やってんの?」

ヤンキー君「あ゛?オメーには関係ねーだろ?」

ふーん、はい、そうきましたか。

彼ら見た目、完全に少年法で守られてる年齢なんだが、少なくとも俺らがその年代だったら、知らない大人から声かけられたら、とりあえず『敬語』で受け答えするのが、ヤンキーだろうが、坊ちゃんだろうが大人に対する礼儀だった。

でも、非常に残念ながら、そういう礼儀ってもんを彼は学んでいないのだろう。

ふーん。・・・まあ、よしよし、OK、OK。俺も大人だ。
敬語ができないぐらい大目にみよう。ほら「明日がある」って歌でもそう歌ってるじゃないか。うん。


俺「まあ、いいや、とりあえず、何やってんのさ?」

ヤンキー君「あ゛あ゛?関係ねーだろ!」
(ヤンキー君、思いっきり睨みつけてくる。)

俺「いや、ここにいると正直邪魔なんさ。とりあえず何やってんのよ。」

ヤンキー君「あ゛?今『こいつ』と話してんだけだよ。」

『こいつ』とは、どうやら高校生ぐらいの男の子のことらしい。周りをグルっと見渡すと、その男の子の彼女と思われる女の子が少し離れたところでこちらの様子を窺っている。

どうやら、高校生カップルにヤンキー3人が絡んでいる、という状況らしい。

うーん、高校生ぐらいの子が22時過ぎまで彼女といるなんて、まあ、こちらもあんまり良いことじゃねーやな(おっさん発言)。ちなみにもしもうちの子供たちが同じことしてたらゲンコツもんだわw。

で、なんかね、そういう状況見ちゃうとさ、高校生カップル助けてやりてーなって思ったわけです。

俺も、高校時代、当時の彼女と昼間公園にいたら、7、8人のゾッキー(暴走族)に絡まれてヘルメットで殴られたりしてたからさなんか、こう、その高校生が当時の俺とダブって見えてさ。


俺「で、何の話してんのさ。」

ヤンキー君「あ゛、今の車にツバはいてる奴を探しててよ、ちょっとこいつに聞いてただけだよ。オメーも車にツバはかれたらムカつくだろ?」

俺「うん、まあそりゃムカつくね。」

ヤンキー君「だから、オメーには関係ねー話なんだよ。」

うん、これで状況が把握できたぞ。
つまりこういう感じだ。

ヤンキー君3人がスクーターで流してたら、イチャついてるカップルがいた→気に食わない→どうでもいい理由で言っちゃもんをつけてる、ってところか。

うん、うん、よし、OK。


俺「まあ、いいや。とりあえずそういうのは他所でやってくんねーかな。」

ヤンキー君「あ゛あ゛?オメーには関係ねーだろ!!」

ヤンキー君、俺に超ガン飛ばしてくる。

俺はそれに無表情、無言で見つめ返す(あくまで見つめ返す。)


ヤンキー君「何、じろじろ見てんだよ!!」

俺「な、そっちも立場あるだろうけど、こっちも立場あるからよ。な。言わなくてもわかんだろ」と今度は笑顔で見つめ返す。

そして、俺はそのまま笑顔で彼と目を合わせ続ける。

ヤンキー君も無言で俺から目をそらさない。

睨みつけるヤンキー、それに笑顔で見つめ返す俺。



そしてその場に、

目をそらした方が負け』的な空気が流れる。



でも、こういう状況にもっていった時点で俺の勝ち。

きっと頭のいいヤンキー君は俺にガン飛ばしながらも状況をこう分析しただろう。

地元の消防団員、しかも笑顔でじっと見てくるだけの気持ち悪い相手(俺)。

今いる場所は消防団のテリトリー内、かつ消防団員の人数の方が多い。
つまり絶対こっちから手は出したくない。

できるだけ早くこの場から離れたい。

でも、絡んだ高校生や他の2人の仲間が見てる手前、ツッパリきらなきゃカッコがつかない。

少なくとも、こいつ(俺)とのガンの飛ばし合いには勝たなきゃいけない。

そして、彼はこう結論づけるだろう。

「早くこいつ(俺)、目そらしてくんないかな。」と。

そうすれば、ガンの飛ばし合いに勝つことによって、自分の立場(プライド)は守られるし、それを期にこの場から離れるチャンスができる。

この間、大体10秒ぐらいかな。

俺は彼の目の動きを見ながら、彼の思考回路がそういう結論になるのを待つ。
そして15秒ぐらい見つめあってから、俺の方からワザと目をそらした。


するとヤンキー君は、予想通り、チャンスとばかりに間髪いれずに仲間に向かって、「おい、行くぞ。」

そして、高校生に向かっては「お前らも早くどっかいけよ。」

ヤンキー君的にその場を自分の支配下に置いたつもりで振る舞い、バイクで仲間を引き連れて、その場を離れていった。

うん、それでいい。

その選択がヤンキー君にとっても、高校生カップルにとっても、俺にとっても、一番良い選択だったと思うよw

ヤンキー君、こっちが思った通りに動いてくれて本当にありがとうね。

(もしも、ヤンキー君がなりふり構わず手ぇ出してきたら、こっちは痛い(俺は絶対手は出さない)し、少年法に守られているとはいえ、その後は彼らにとっても悪い結果になっただろうしね。)


そして、ヤンキーから解放された高校生にはお礼を言われたので、「絡まれた場所が、この場所でよかったね。気をつけて帰りな~」と返しておいたw


俺は若かりしあの日、ヘルメットで痛い目に合ったけど、彼が痛い目に合わなかったのは本当に良かったなあ(笑)

それと、なんかあの高校生にお礼言われたらさ、過去の自分にお礼を言われた様な、そんな気分になったわ♪


あ~しかし、アレだな。最近の若いもんは22時過ぎまでほっつき歩いてる奴が多いなあ(汗)
もしかしたら、いや、だから、変質者の被害も増えてるのかもね・・・。



世の中の高校生に一言物申す。

高校生よ、午後9時までには家に帰ろうね~☆


A-GYO(エイギョウ)agyonoudennki at 00:53│コメント(2)トラックバック(0)物申す! | 日常

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 石井   2012年06月05日 20:40
なんか、青春というか、すげー眩しいっす! 
A-GYO兄貴、お疲れさまでした!

もし私だったら、消防車の中から(しかもしっかり鍵を掛けて!)警察に電話しております。

自分でも切ないほどの器の小ささ・・・!
2. Posted by A-GYO   2012年06月06日 07:05
>石井さん

コメントありがとうございます!
まあ、なんだかんだ言っても相手は未成年ですし、地元の子供たちですからねwオトナの対応ってやつですw

それに、消防団員の中にも元ヤンキーの人はたくさんいますしw(私は違います!真面目な青年でした!!(強調))
そういう人達が『地元愛』で活動してるのが消防団だったりするわけで。

なんていうか、怖いというよりも「ったく、最近の若い者は礼儀が~」的な感じでw

そういうフレーズが出たらもうおっさんです(爆)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字