2013年03月29日

春は種蒔きと定植の繰り返し。

昨日はネギの播種をしました。写真は研修生柳原君ネギの種まきの図w↓
yanaginegimaki1

今年もネギはチェーンポットで育苗してひっぱりくんで定植します。
播種量は去年の1.5倍ぐらい。今年はネギでガッツリ稼ぎたいと思います。w

それと、昨年試験的にチェーンポットのCP303-15、一穴4粒~6粒播きを試した結果、CP303-15で一穴4粒播きがうちにとって『最適な作付形態』(2L~3Lサイズが揃う、播種・定植作業時間の短縮、使用育苗トレー枚数・培土のコスト削減など)と判断し、今年は全量『CP303-15、一穴4粒播き』でいきます。

ネギ専用のチェーンポット(CP303)より総体的に一株当たりの株間が広がり、その分作付面積が増えて土寄せ作業にかかる時間や農薬の使用総量が増えますが、それでもこの方法の方がお客様が欲しいサイズ(2L~3Lサイズ)が増えるので、収支はプラスになると思います。特にスーパー出荷では泥ネギとしてガンガン出荷しますw

今年はネギをさらに頑張るぞー!!



A-GYO(エイギョウ)agyonoudennki at 07:13│コメント(1)トラックバック(0)農作業ネタ | 技術

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひさまつ   2013年04月06日 18:49
確かに定植は楽だよね。1枚で長さ3倍!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字