2013年06月21日

今日は夏至。
一年で一番日が長い日ですが、あいにくの雨。

こういう日は早めに仕事を上がって、秋冬の作付け品種の思案にふけります。

今日は7月から蒔き始めて、年明け1月から収穫できるキャベツの品種を考える。

今現在、候補にあげられるのは以下の品種。

サカタの「冬藍」
渡辺農事の「舞みどり」
渡辺農事の「あまかぜ」
石井育種場の「耐寒大御所」
トキタの「浜の舞」
タカヤマシードの「賀茂みどり」
まるたねの「春宝」
カネコの「冬くぐり」
タキイの「彩音」他・・・

この中で去年作つけ、かつ今年も作ろうかなと思っているのは「耐寒大御所」。
仲間内で評価がある程度あるのは「冬藍」。
んで、個人的に興味が惹かれるのは渡辺農事の「舞みどり」と「あまかぜ」、そしてタカヤマシードの「賀茂みどり」。

・・・悩みます。

全部は蒔けないしね。この中から数種類選んで蒔きたいと思います。


A-GYO(エイギョウ)agyonoudennki at 22:10│コメント(2)トラックバック(0)考察 | 品種雑感

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kaikinnsyatu   2013年06月27日 20:42
年明けのキャベツを今年から作付する予定です!
私は、増田採取場のYR銀次郎を作付する予定です
理由としては、8月20日前後に播種すれば1月初旬には収穫できそうだからです。
遅く蒔いて1月から収穫出来る品種はなかなかないですね また作付場所の気候も考慮しないと・・・

小売の場合は食味も重要だと思います、美味しくて歩留まりの良い品種を選んで下さい!
品種が決まりましたら、その理由をブログにアップしてください お願いします。
2. Posted by A-GYO   2013年06月29日 21:26
>kaikinnsyatu様

コメントありがとうございます!
YR銀次郎って初めて知る品種です。後で調べてみます。

ちなみにブログの記事以外では野崎の『冬武将』も候補に挙がっています。

それと播種はすべて7月中に終わらせ、12月までに出荷できる大きさまでに育て、そこから耐寒性質を見極めて再来年の作型に生かしたいと思います。

品種など決まりましたらブログで報告しますね~♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字