2013年10月02日

だいぶ季節は秋めいてきました。
涼しくなって、仕事するのが快適♪でも、日が短くなってきているのが残念だけど。

今は里芋の収穫がメインで、葉物をちょこちょこ収穫。あとは夏の後片付けと冬に向けた種まきにいそしんでおります。はい。

今年の11月~翌年3月に出荷したい葉物は、小松菜、ほうれん草、チンゲン菜、春菊、水菜、ルッコラ、葉大根・・・まあ、たくさん品目がありますが、この中から、一番のメインには小松菜を選ぼうと思います。

生育早い、寒さに強い、調整も楽、価格も良い。

色々な要素から見て、冬の葉物で一番はほうれん草だと思うのですが、関東圏、特にうちの地域ではほうれん草と同等ぐらいに小松菜は人気商品なんでね。あ、メインではないけど、もちろんほうれん草も作りますよ。

今後小松菜は、10月末までは露地で、それ以降はハウスでずーっと播いていきたいと思います。
んで、それと並行してほうれん草は露地で。
年内出荷では春菊と水菜とチンゲン菜。これにクリスマスあたりにルッコラを当てようかなと企んでます。
葉大根は検討中。初夏~初秋まではいいのが収穫できることは確認できたが、今後、寒くなった時の葉の変色などのデータが取れてないので、今年はガッツリやらず試作程度かな。それとお客さんの反応も見たいし。


今まで冬は土物野菜(里芋、ゴボウ、ニンジン、大根)がメインだったけど、これに葉物をプラスして上原農園の商品のラインナップを充実させていきたい。
バリエーションが増えれば、それだけ経営の幅も広がるし、リスクも分散できるし。

やっぱ、俺は性格的に一つの品目を極める事よりも、いろんな品目作ってたほうが楽しいみたいだから。
自分に合った経営を目指すことは楽しいし、長続きすると思うしね。



A-GYO(エイギョウ)agyonoudennki at 07:11│コメント(0)トラックバック(0)上原農園の日常 | 経営論

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字