2013年10月09日

本日は農家のこせがれネットワークのW氏からお誘いあり、第四回全麺業青年連合研修会埼玉大会に行きました。

そこで麺業との方々とのディスカッションをし、農家と麺業とのコラボでどういうことができるか、話し合いました。すげえ楽しかったw

で、その議論で浮かび上がってきた事柄のなかに「辛味大根」というキーワードが。

現在辛味大根は安定供給できる産地が不在で、正直、野菜農家にとってはニッチ狙える品目。
ニーズとしては、気温が上がり需要が増える春から夏にかけて安定した価格での供給を望んでいるとのこと。(その時期は辛味大根育てにくい時期ではある。)

辛味大根にもさまざまな品種があるので、蕎麦屋さんの望む辛味大根の品種をリサーチしたら、カブのように丸いタイプの辛味大根が人気があった。
今日参加してた蕎麦屋さんは100人以上。もしも多くの人と契約できたら一人一人のロットが小さくても、数で補えるので、結構いい品目になりそうな予感。
とりあえず、数種類の「辛味大根」を作って蕎麦屋さんの望む味に近い品目を探して、それから蕎麦屋さんに流通できれば面白いなあと。

とりあえず参考までにこんなのがあるよと↓

20131009_231830
これが多分蕎麦屋さんが好むカブ型の辛味大根。


20131009_231706
これは楕円形の辛味大根。周年栽培できるのもいい。




20131009_231530
ちょっと変わり種の中が緑色の辛味大根。おろしにすると色は目立つね。


20131009_231535

これは辛味大根ではないが、おろしにするときれいな赤紫色になりそうだ。


つうわけで、辛味大根作ってみたい農家さんています?夏場の安定供給だと東北や北海道の農家さんが作りやすいのかなと。俺は夏場はちょっと栽培が難しいかなと。
もし、このネタに興味のある方は一報ください。もし先方(蕎麦屋さん)がOKなら、農家さんに蕎麦屋さんを紹介したいと思います。



A-GYO(エイギョウ)agyonoudennki at 23:41│コメント(0)トラックバック(0)農家のこせがれネットワーク | 考察

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字